紫外線の危険性

厳しい夏が終わったといっても、まだまだ紫外線対策をおろそかにしてはいけません。いわば、紫外線は一年中、気にかけていなければならないものなのです。対策といえば日焼け止めクリームを塗る、日傘や長そでの衣服で紫外線から肌を守ったりするのが一般的ですが、体内からのケアも重要だとされています。たとえば抗酸化作用のある食材を積極的に摂取すれば、紫外線を浴びてもその影響を最小限に食い止めることができますし、ビタミンCやポリフェノール、アスタキサンチンなども、エステ通いに匹敵するアンチエイジング効果アリ。紫外線対策とともに美容・健康のためにも積極的に摂るようにしたいですよね。
紫外線の影響は、目から入ってくる光からも受けてしまいます。そのため日差しの強いときは、外出時にサングラスの着用をするのがおすすめ。目から入る光をサングラスで調節すれば、肌のメラニン生成も抑えることができるのです。
美容や肌の健康のためにも、日々のちょっとしたケアはとてもたいせつなことといえます。

コメントを残す